D2ちゃんねる

~D2ちゃんねるは世間の気になるニュースをまとめたブログです。~


おすすめの記事

1日に100回オーガズムを迎えるイクイク病のナースが話題


■イキすぎで生活に支障がでる女性


以前『1日に300回もイってしまう女性 PSAS-持続性性喚起症候群-』という記事でPSASの25歳女性について書きました。今回また新たに1日に100回以上イってしまう40代の女性が悩みを告白し話題となっているようです。







ニュージャージー州の看護師キム・ラムジーさん(44)は1日に100回以上イってしまう永続的性器覚醒障害(PGAD 以前はPSASとも)で悩んでいます。







彼女は日常生活のあらゆる場面で、自分の意思とは関係なく、オーガズムを迎えてしまいます。
例えば電車や車での移動中、家事をしている最中、その他日常生活で骨盤に振動を受けるとそれが引き金となり強制的にオーガズムを迎えてしまうのだそうです。



ある日電車に乗っていたときのことを彼女はこう言います。

「私は用事があり40分ほど電車に乗らなければなりませんでした。しかし電車の振動がオーガズムの引き金となり人前で非常に苦しい思いをしました。少しでも振動が伝わらないように私は両手をお尻の下に敷き、周囲の人に悟られないように唇を強く噛み締めていました・・・」


さらに彼女は言います。

「それ(PGAD)は私にとって苦痛でしかありません」








医師によれば彼女のPGADの原因は2001年に階段から落ちたことによる脊髄癒着性クモ膜炎ではないかと見ています。
実際にPGADの症状を自覚したのは2008年で当時付き合い始めた彼とセックスをした時にあまりにイキやすい自分に違和感を感じたのだそうです。


「4日間コンスタントにオーガズムを感じていました。私は自分が狂ったのだと思いました」


止まらないオーガズムをなんとか止めようと彼女はスクワットや深呼吸をしたり冷凍ビーンズを股間に当てて冷やすなどいろいろ試したのだそうです。しかし連続するオーガズムの波を止めることはできませんでした。


「私はその間、200回以上のオーガズムを感じていました。その苦痛と疲労は本当に耐えられないものでした」







何人かの専門の医師に頼りましたが、今のところ治療の効果はありません。来月9月にはロンドンのPGAD専門医に見てもらう予定なのだそうです。



彼女は言います。


「イカない女性はイク方法を知りたがります。しかし私はイカない方法を知りたいのです」




ある人には羨ましがられ、またある人には「セックス狂」だと嘲笑されてしまうPGADという病気。しかし当人にとっては深刻な悩みで仕事や日常生活の大きな障害となっています。

永続的に続くオーガズムに苦痛しか感じない日々、それは想像以上に不幸なことに違いありません。



Woman who has up to 100 orgasms a DAY left in agony as even doing housework can trigger a climax



文・編集/麹町敏郎
「1日に100回オーガズムを迎えるイクイク病のナースが話題」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
【ちょいエログロ注意】中国でラブドールを解体してみた  (2011/06/04)
【動画】米カリフォルニアで犬のサーフィンコンテストが開催! (2011/06/06)
あなたの知らないセックス・トリビア(前編) (2012/08/16)


おすすめ!閲覧数の多い女の子の日記
以下読者のみなさまの反応
  1. 13769:
  2. 名無しですが何か
  3. 2012/08/29(水) 07:41:39 |
  4. URL |
  5. [編集]

記事の内容は最高だが本人の画像が微妙w

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

D2ちゃんねるとは?

D2ちゃんねるとは、世の中の気になるニュースをぎゅっとまとめたしぼりたてのニュース発信元です。D2ちゃんねるがあつめた優秀な記者集団が常時ネタを追っています。
















ヨミーバ
きゃらめる民族












copyright © 2011 Powered By DTIブログ All rights reserved

 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse