D2ちゃんねる

~D2ちゃんねるは世間の気になるニュースをまとめたブログです。~


おすすめの記事

オナニーは歯磨きよりも健康に必要!その理由を今から5つ述べる



手コキもいいよなぁ


■がん予防から早漏防止まで、やっててよかったオナニー


「オナニーばかりしてると馬鹿になる」
「オナニーしすぎると精子がなくなる」

皆さんもこんな脅しを受けたこと、一度や二度はありますよね。
筆者もそんな脅し文句に怯えて、オナニーを自制することが多々ありました。

しかし!

もうオナニーを我慢することはありません。

オナニーは体にいいのです・・・ッ!








アメリカのGloria Brame博士(臨床性科学者)はこう言います。

「オナニーは健康的な生活の一部分。それは毎日の歯磨きよりも健康にかかわることなのです」



▲女の子に手コキされても同じ効果です!


それではこの博士が提唱する「オナニーは健康にいい説」の根拠を、5つ紹介したいと思います。





1.がんの予防になる。

2003年にオーストラリアで実施された研究により、週5回以上のオナニーをしている人は前立腺がんを発症する可能性が低いということがわかった。尿道に蓄積された毒素を洗い流してくれるからだという。


2.勃起力を高める。

歳を取ると体全体の筋力が低下するが、それは下半身とて同じ。勃起の角度が10代の時に比べて下がるのも、筋力の低下から。定期的なセックスやオナニーは下半身の体質強化につながり、勃起不全や尿失禁を防ぐのに役立つ。


3.早漏の防止になる。

早漏の人は次の“遅漏訓練”を試してほしい。オナニー開始後2分で発射している人はそれを3分に延ばしてみる。またはストローク数で考えてもいい。50ストロークで発射している人は60ストロークの発射に延ばしてみる。そうやって少しずつ遅漏訓練をしていけば、一ヶ月後には発射時間、ストローク回数が倍増している。


4.免疫力をアップする。

ホルモン療法の研究者によれば、オナニーはコルチゾールのレベルアップに役立つ。コルチゾールは通常、破壊ストレスホルモンと呼ばれ、あまり量が増えると脳細胞を破壊するといわれる。うつの人はこのコルチゾールの分泌がコントロールできずに、増えすぎてしまっているそうだ。しかしこのホルモン療法の研究者によれば、それはコルチゾールを悪く言い過ぎとのこと。適度なオナニーによる少量のコルチゾールは、免疫力の強化に役立つという。


5.気分の高揚に役立つ。

オナニーやセックスをしている時は、ドーパミンやオキシトシンといった、快楽、幸福物質が分泌される。オーガズム中は薬物以外では最大のドーパミンを分泌するのだそうで、絶頂時の脳内はヘロイン患者のようになっているという。


以上です。
これまでオナニーが少なかった人は、回数を増やしてみるのもいいかもしれません。



▲男のオナニー画像は汚いので、代わりに女の子のイメージ画像


昔、ドリフのエンディング曲『いい湯だな』で加藤茶がこんな合いの手を入れていました。

「宿題やったか?」
「風呂入れよ!」
「歯みがけよ!」
「風邪ひくなよ!」

今日からこれにひとつ加えてください。

「オナニーしろよ!」


文・スケキヨ




「オナニーは歯磨きよりも健康に必要!その理由を今から5つ述べる」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
双子が共有セフレの取り合いで大喧嘩し大晦日に逮捕されていたらしい (2013/01/06)
野外プレイにはご注意! そこは「覗きスポット」かも (2010/10/13)
セックスのピーク年齢は男が33歳、女は28歳という調査結果 (2012/06/01)


おすすめ!閲覧数の多い女の子の日記
コメントの編集
秘密にする

D2ちゃんねるとは?

D2ちゃんねるとは、世の中の気になるニュースをぎゅっとまとめたしぼりたてのニュース発信元です。D2ちゃんねるがあつめた優秀な記者集団が常時ネタを追っています。
















ヨミーバ
きゃらめる民族












copyright © 2011 Powered By DTIブログ All rights reserved

 ライブチャット 素人  チャットレディで高収入  無修正  アダルトアフィリエイト

このブログを通報 | Report Abuse